BLOG ブログ

HOME // ブログ // 「空き家がなぜ傷むのか?」

CATEGORY


空き家対策

「空き家がなぜ傷むのか?」

前回は、空き家の問題点などを書きました。

今回は、空き家の活用について書こうかと思いましたが、活用のことを書く前に皆さんにご理解いただかないと空き家の活用もおぼつかないと思いますし、ご自宅持っていれば、役立つことを少し書きたいなぁ~!!!

 

と言うのは、この事を理解せずに空き家の活用を考えても、不動産屋だけでなくリフォーム業者に法外な費用を請求されるとか、売却時の査定が異常に低いとか。。。。とかになることもありますので少し読んで下さい。

 

「空き家がなぜ傷むのか?」

と言うテーマを書きたいと思います。

何故傷むのでしょうか????

皆さんはお分かりになりますか?

◎人が出入りしないことでの、リスクとして

雨漏り・トユの破損・ガラス(窓)の割れ・屋根の損傷・給水管の破裂など

点検しないので当然ですよね。

◎換気がされないので、湿気や乾燥をもたらす

カビの発生・木部の腐食・家具や建具の傷みやゆがみにより開閉できない・畳の腐食・シロアリや黒有の繁殖

◎排水口のトラップ部分の水の乾燥(排水口トラップ部分はUになってる部分ですね。不明な方はインターネットで検索して下さいね!)により

悪臭の原因・害虫の発生及び出入り・ネズミの出入口になる

そして、ネズミが電気配線をかじり漏電の原因を作り、不審火など火災の原因となる。

◎動物の住処となる

床に動物の糞や尿が散乱し、掃除しないのでそこの部分から腐る原因になる

 

などなど、傷む原因はその他にもあると思われますが、大まかに書くとこの様な原因ことが原因となります。

 

まずはこのことをご理解いただき、何をすれば空き家や自宅が上手く活用できるのかを次回書こうと思います。

それでは・・・・!!!
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧