HOME // メニュー // 不動産競売の入札相談等サポート及び任意売却サポート

不動産競売の入札相談等サポート及び任意売却サポート

「不動産競売」とは、裁判所を通して不動産を購入する制度のことを指します。
不動産を担保に借金をした方が返済不能になってしまった場合、対象の不動産は差し押さえられます。差し押さえられた不動産は、裁判所を通して競売にかけられ、その売却代金が債務弁済にあてられる仕組みとなっています。
通常の不動産に比べて安く購入できるメリットがある反面、住宅ローンが組みづらいなどのデメリットもあります。
当社は、不動産競売のメリット・デメリットをわかりやすくご説明し、ご納得いただけた場合「不動産競売入札代行契約書」を作成し競売入札の代行業務を承ります。
また、落札後(旧所有者との交渉・残置物の処分・リフォームなどの手配)の業務も承りますのでご相談ください。

こんな方にオススメです

・通常よりも安く不動産を購入したい
・不動産競売の代行をお願いしたい
・不動産競売に参加したいが、仕組みがよくわからない

MERIT

DEMERIT
メリットとデメリット
【メリット】

①価格が安い
②取引の透明性が高い
③安全な取引が可能

【デメリット】

①写真でしか判断できないため、内部を確認できない
②債務者等が入居している場合は明渡し交渉が必要
③住宅ローンを組みづらい

PRICE 競売代行費用

3点セットからの調査 無料
現地調査 一律21,600円
入札代行  216,000円~
融資サポート 落札金額の3.0%
リフォーム 350,000円~

メニュー一覧